日本学術会議は、わが国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。

日本学術会議 トップページ > 国際活動 > その他の二国間交流

その他の二国間交流

日韓アカデミー若手科学者会合開催

平成29年3月15日~16日、韓国科学技術アカデミー(KAST) 及び韓国科学技術アカデミー若手アカデミーとともに、ワークショップを韓国にて開催しました。日本学術会議からは、若手アカデミメンバー4名を派遣し、日韓の若手研究者の現状と課題、展望等意見交換を行いました。

概要

公開シンポジウム「日本‐イスラエル・サンゴ礁ワークショップ」を開催

平成28年11月30日~12月1日、イスラエル科学・人文アカデミー、沖縄科学技術大学院大学(OIST)及び日本サンゴ礁学会とともに、「サンゴ礁ワークショップ」を沖縄県にて開催しました。

概要はこちら
プログラムはこちら

公開シンポジウム 日本・フランスシンポジウム『スマートシティ』を開催

平成27年9月15日~16日、在日フランス大使館とともに、「スマートシティシンポジウム」を日本学術会議にて開催しました。

概要・プログラムはこちら

中国科学技術協会との協力覚書署名式

平成27年9月7日、中国科学技術協会(中国・北京)において、大西隆日本学術会議会長と韓啓徳中国科学技術協会会長との間で、両機関における協力の促進を図ることを目的とした覚書が締結されました。

日本学術会議と中国科学技術協会の協力覚書
要旨
中国科学技術協会との協力覚書署名式

日本-イスラエル・水問題ワークショップを開催

平成27年3月23日~25日、イスラエル科学・人文アカデミーとともに、「水問題に関するシンポジウム」をイスラエルにて開催した。日本学術会議からは、花木啓祐副会長他3名の専門家を派遣し、意見交換を行いました。

概要

韓国科学技術アカデミーとの協力覚書署名式

平成26年11月13日、世宗大学(韓国・ソウル)において、大西隆日本学術会議会長とパク・ソンヒョン韓国科学技術アカデミー会長との間で、両機関における科学協力の促進を図ることを目的とした覚書が締結されました。
日本学術会議と韓国科学技術アカデミーの協力覚書
要旨
韓国科学技術アカデミーとの協力覚書署名式

韓国行政研究院との科学協力のための共同会議に関する合意書署名式

平成26年7月10日、日本学術会議において、大西隆 日本学術会議会長とウン・ゼ・リー韓国行政研究院長との間で、両機関における科学協力の促進を図ることを目的とした共同会議に関する合意書が締結されました。
日本学術会議と韓国行政研究院の合意書
要旨
韓国行政研究院との協定署名式

公開シンポジウム 日本・フランスシンポジウム『エネルギーの将来のための先端材料科学 ~エネルギー生産・貯蔵のための高信頼性・耐久性・安全性の材料に向けて~』を開催

平成26年6月30日~7月1日、在日フランス大使館、フランス科学アカデミーとともに、「エネルギーの将来のための先端材料科学シンポジウム」を開催しました。

概要

イスラエル科学・人文アカデミーとの協力覚書署名式

平成25年10月10日、日本学術会議において、大西隆 日本学術会議会長とルース・アーノン イスラエル科学・人文アカデミー会長との間で、両アカデミー間における科学技術の協力の促進を図ることを目的とした覚書が締結されました。
大西隆 日本学術会議会長とルース・アーノン イスラエル科学・人文アカデミー会長

日本学術会議とブルガリア科学アカデミーとの二国間会議
「持続可能性に向けた日本とブルガリアとの共同研究」
“Bulgaria-Japan Research Collaboration for Sustainable Development”

日本学術会議は、平成25年3月19日(火)、ブルガリア科学アカデミー(Bulgarian Academy of Sciences:BAS)との二国間会議「持続可能性に向けた日本とブルガリアとの共同研究」“Bulgaria-Japan Research Collaboration for Sustainable Development”を開催しました。

日本・ブルガリア二国間会議 英文PDF プログラムはこちら(英文)(PDF形式:118KB)

英文PDF 参加者リストはこちら(英文)(PDF形式:122KB)

 概要はこちら(PDF形式:124KB)

ブルガリア科学アカデミーとの協力協定署名式

平成24年3月29日~30日、大西隆日本学術会議会長及び春日文子日本学術会議副会長はブルガリアのソフィアを訪問し、30日、ブルガリア科学アカデミーにおいて、大西隆日本学術会議会長とサボティノフ・ブルガリア科学アカデミー総裁との間で、両アカデミー間における科学技術の促進を図ることを目的とした協力協定が締結されました。
また、29日に、大西隆日本学術会議会長及び春日文子日本学術会議副会長は、サボティノフ・ブルガリア科学アカデミー総裁と共にプレヴネリエフ・ブルガリア大統領を表敬訪問し、両国の科学技術政策や二国間科学技術交流について意見交換を行いました。
二国間協力協定署名式
二国間協力協定署名式
大統領表敬
大統領表敬

スリランカ民主社会主義共和国への代表団派遣について

スリランカ科学振興連盟(Sri Lanka Association for the Advancement of Science:SLAAS)からの年次大会への出席要請を受け、春日文子副会長(国際担当)及び白田佳子会員(国際委員会アジア学術会議分科会委員長)をコロンボに派遣し、大会出席者と幅広い情報・意見交換を行った。
また、コロンボ大学、国家科学財団(National Science Foundation:NSF)、国家科学技術委員会(National Science and Technology Commission:NASTEC)等を訪問し情報・意見交換を行うとともに、在スリランカ日本国大使館を訪問し日本学術会議の活動状況を紹介した。
(派遣期間:2011年12月4日~7日)
コロンボ大学訪問
コロンボ大学訪問
国家科学技術委員会訪問
国家科学技術委員会訪問
在スリランカ日本国大使館訪問
在スリランカ日本国大使館訪問

バングラデシュ科学アカデミーとの友好協定調印式

平成21年9月16日、金澤一郎日本学術会議会長とモハメド・シャムシャー・アリバングラデシュ科学アカデミー会長との間で、両アカデミー間における科学技術の促進を図ることを目的とした友好協定が締結されました。
このページのトップへ

HOME日本学術会議とは提言・報告等一般公開イベント委員会の活動地区会議の活動国際活動会員・連携会員等協力学術研究団体▲ページトップ
このホームページについて
Copyright 2012 SCIENCE COUNCIL OF JAPAN